軽い画像で表示する

あの情熱
あれから4年間の時を経て、
2019年の今年、11月16日に
ガラコレ開催が決定。

ガラムガラムのアイテムのみを使ってコーディネイトされたベリーダンス・ジプシーのファッションショー新作発表会は異色でありながら、日本初の試みでした。

今年のガラコレ2019のコンセプトはよりアートやサブカルチャーを意識した彩り豊かなベリーダンス・ジプシー衣装のファッションショー&ダンスショーです。

ただショーを見て帰るのではなく、フェスのようにその場の空気や人との語らい、流れる音楽を楽しんでいただけるようなそんな空間にしたいです。




E-chan&Milla
(イーチャン・ミラ)

 国内トライバルベリーダンサーの最高峰、
通称イーミラ。

イーミラの凄さはそのエンターテイメント力だ。彼女たちがステージに上がると、その存在感でたちまちその場はとてつもないグルーブ感で覆われる。もちろん踊りの技術も、体力、 抜群の運動神経も全てにおいて、一線を大きく超えている。

誰にも媚びない野良猫のような強さと、時折見え隠れする、可愛さ、美しさ。
その魅力は全く衰えることはなく、むしろ増していくばかりだ。


E-chan      Milla




Nese
(ネシェ)

 ターキッシュスタイルのベリーダンサーで彼女の名前を知らない人はいないと言っても過言ではないくらいとても有名なダンサーである。ロマ(ジプシー)のベリーダンスに向けられた踊りを技術からその文化の背景までとらえ、踊る彼女の姿はジプシーそのものに見える。今回ガラコレの出演では、ガラムガラムとNeseで共同開発、プロデュースされたターキッシュスカートをファッションショーでお披露目する予定となっている。







Latte
(ラテ)

Ruhani Belly Dance Arts 所属、Nourahに師事。
サマンヨルの元メンバーでもある。彼女のゆるく、ふわっとした愛らしい踊りは、男女年齢を問わず魅了する。 それでいて何かアートや哲学を感じさせるような技術的にしっかりとした基盤がある。 彼女がもともと音楽活動をやっていたことは、その不思議な魅力の裏付けとなっているのだろう。2008年には国内最大級フェス、 フジロックにベリーダンサーとして出演し、 その後も精力的にイベントへの出演やベリーダンスの講師としても活躍している。






Mayura
(マユーラ)

  年々深みと芸術性を増していく彼女の踊り、シルエット。もともと持つ才能もさることながら、一番の研究家であることも間違いないだろう。

ベリーダンスのエロスやセクシーの部分だけをフォーカスアップしてベリーダンスから分岐したMayura独自の新たなジャンル、変幻という最近始動したアーティスト名の活動も目が離せない。





Shaieela
(シャイーラ)

 世界的に有名な野外フェス・OZORAに出演。
国内でもはDance of Shivaや春風など大型野外フェスにブッキングされることも多い。

近年は、サイケデリックトランス業界の重鎮 X-Dreamのオフィシャルダンサーとして様々なステージでパフォーマンスする他、アンビエントイベントやベリーダンスショーでの
パフォーマンスにも力を注いでいる。

 



Rumi Eva
(ルミ エバ)
 
 
数々のスーパーダンサーが生まれた伝説の
グループユニット、2人ともサマンヨルの 元メンバーでありその活躍は日本に留まらず、 昨年は世界的に有名なフェス「OZORA2018」に出演。
国内の有名なイベントどころでは フジロックや春風など、様々な出演歴を誇る実力派ダンサーコンビ。


Rumi     Eva



CIMBAL CINTA
(シンタ)

 ダラブッカの巨匠ルーベン・ヴァン・ロンパイア
の教本を翻訳して出版やWSや イベントオーガナイズなど 多彩な活動をしている。 ガラコレ2015の舞台監督であり、 彼の手にかかればまるで イベントに魔法がかかるかのようだ。

今回はダラブッカに水を入れた彼の新しい表現方法が初の披露となる。







Madoka
(マドカ)

 トルコ、イラン、アラブなど様々な弦楽器を多種多様に弾きこなす。
日本のベリーダンス音楽業界の 忌野清志郎的な存在だ。 かの有名なアコースティックMAKYOの バンドメンバーでもある。
その繊細さと力強さの調和された世界観は一言では語れない。







Kgee
(ケージー)

 彼は一体何者かわからない方も多いが、 簡単に説明すると彼は人と人をつなぐことが仕事だ。
KgeeのかけるDJの時間は本当に空気読みの最上級、 今この曲がちょうど良いと思える流れを 作るのがとても得意なDJだ。
今回はガラコ2019の共同オーガナイザーでもある。






Ume
(ウメ)

アジアン雑貨ティラキタの代表取締役。
誰もが知る野外フェスDance of Shivaのオーガナイザーでもある。
彼のDJプレイの素晴らしさは意外と周知されていないが、ガラムガラム社長の親友としてDJにブッキングされたのではない。
本当に彼のDJに才能を感じているからである。

チルアウトミュージックやアジアやトルコ、エジプトなどエスニックな選曲が得意なUMEの豊富なディクショナリーから組み立てられるケミストリーが時間を彩る。






Macoto
(マコト)

 言わずと知れた、ベリーダンス界でも有名な
凄腕カメラマン。
彼の覗くファインダーにはいつも奇跡の 瞬間を切り取るセンサーがあるだろうか。
今にも動きそうな彼の写真にはいつも特別な 力強い何かを感じる。イベントは始まっていないが出来上がりがすでに楽しみである。





Hikari
AsobiClub

(ひかりあそびクラブ)

 大手アパレル会社のイメージビデオのアーティスティックな照明や野外フェスの照明を手掛けたりとアートに特化した個性的な照明。

We’re Creative

多彩なカラー構成やLEDオペレーション、最新鋭の技術と機材からHIKARI ASOBI CLUBにしか出せない現実とは思えない世界を創り出します。

We’re Professional

HIKARI ASOBI CLUBは光を操るアーティスト集団として、映像撮影現場の第一線で活躍するプロの照明技術者だけで構成されています

History

かつて撮影業界を率引し金字塔を打ち立てた照明の第一人者。伊地知完の主宰したSHINKILOW/イルミネムジカのDNAを正しく継承し、各々の技術や感性をより新たな試みへと昇華すべく2008年に発足しました






▼ガラムガラムメイキング画像。会場の雰囲気を御覧ください。













会場住所:〒106-0041 東京都港区麻布台1-8-10 麻布偕成ビル1F R-StartupStudio

お問い合わせ TEL : 042-643-2130
Email : india@garam2.com




Copyright © Garam garam All Rights Reserved. 

<ガラコレ2019実行委員会>

SPECIAL THANKS /共同オーガナイザーKGee(R-StartupStudio)
UME(ティラキタ音響)